トップ >> 参列は葬儀のルールに注意

葬儀のルールについて

親しい人が亡くなったりすると、とても悲しいものです。通常、通夜や葬儀に参列することになるでしょう。そのときには、幾つかのルールがあるのでご説明しましょう。参列するときには、黒い礼服を着用します。男性は、黒いネクタイをするのが必須です。女性は黒いストッキングに金具のついていないようなバッグなどを持つようにします。その人との関係も考慮したうえで、香典を準備して、葬儀などの受付で渡すようにします。また、近所の方の不幸では、隣組の人たちがお手伝いをするような地域もありますので、その地域の習慣に従うようにしましょう

葬儀に履いていく靴にもマナーを

葬儀に履いていく靴、ただ黒を選べば良いと勘違いされてないでしょうか。女性は肌の露出があるものは避け、黒のパンプスを選びましょう。ただし、エナメルのパンプスはNG。ヒールはあまりに高いと派手だと受け取られてしまいますので避けてください。逆に、ヒールがなくてもカジュアルと受け取られます。3cm程度を目安にしてください。ストラップがついているパンプスもありますが、金具がついているものは葬儀には好まれません。通常のスーツに合わせる革靴で良いでしょう。靴下も男女ともに柄物ではなく黒の無地が基本です。

葬儀のこれから情報