トップ >> 葬儀での挨拶について

家族葬もときと場合で

昔はどんなことがあろうと葬儀は葬儀屋さんにお願いし、お寺さんへの手配や焼き場の手配なども一切合切お任せしていました。お通夜に来てくださった方々には、清めの席を用意し、飲み食いしていただき、火葬場でもお骨になるまでの間、待合室でそれなりのお膳も用意するというような感じでした。今は、家族葬という方式もあり、核家族で親御さんが一人で田舎暮らしだったケースでのご葬儀は十分です。身内だけで家族葬を営む方がいいということになるのです。

箕面聖苑は利便性が良く低コスト

箕面聖苑は、箕面市唯一の火葬場で葬儀式場も併設してあるため、通夜や告別式や荼毘を一箇所で行えて、利便性が良く、移動の負担がないため火葬場への移動に霊柩車やバスが不要で、費用を抑えられます。公的な施設で箕面市民であれば、費用を抑えて利用することができます。箕面聖苑での宿泊は、親族控え室が24時間利用可能です。そのため、親族がお通夜の間に仮眠を取りたい時などに利用できます。シャワー設備もありますので、身嗜みを整えることもできます。駐車場は、101台駐車可能ですのでお車でお越しの方もご利用いただけます。

葬儀のこれから情報